スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
SCAJドリップセミナー
今週の月曜日に定休日を利用して、
スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の
ドリップセミナーを受講して参りました。

ドリップコーヒーは今まで、
深く取り組んだことが無く、
1からしっかり勉強しようと思い、
期待を膨らませて会場へ向かいました。


今、私たちはご家庭で美味しく簡単に抽出できる器具は、
フレンチプレスをおすすめしております。

今までのドリップは濾過をすることで、
コーヒーをクリーンに仕上げることで
美味しいコーヒーができると言われていました。

しかし、コーヒーが持つ風味も多少取り除かれてしまうので、
特徴が出にくいと思っていました。

そのため、コーヒーの特徴がしっかり出せる、
フレンチプレスをおすすめしております。
誰でも簡単に美味しく抽出できるという点は、
フレンチプレスが優れていると思います。



さて、現在の最先端(?)のドリップコーヒーはどうでしょうか。


今回のセミナーのタイトルは
『ドリップ抽出を考える2011』です。

このタイトルからも予想できますように、
今もドリップ抽出は進化しているのです。

本当にビックリしたことは、
今回のドリップ抽出で聞いた内容は、
今までコーヒーの専門書で見てきたような
内容ではなかったということです。

本屋さんに置いてあるような本には書かれていません。

簡潔に申し上げますと、
ドリップ=濾過という認識だけでは、
美味しいドリップコーヒーはできないのです。

逆に、ドリップ抽出のスキルが上がれば、
フレンチプレスにも負けないような、
コーヒーの風味の特徴を、
1杯のカップから味わうことができます。

言いすぎかもしれませんが、
フレンチプレスより美味しいコーヒーができるのではないか、
とさえ思ってしまいました。


ドリップコーヒーとフレンチプレスコーヒーの味の違いを、
ぜひ、皆様にもご紹介していきたいと思っております。


セミナーを受講してからは、
毎日ペーパードリップで抽出して、
味について研究しています。
スポンサーサイト
[2011/02/23 23:16 ] | Coffee
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。