スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
エスプレッソの進化 続
ちょっと間が空いてしまいましたが、
前回のエスプレッソの話の続きです。


コーヒー感が甘さの中の感覚で消えていく・・・

これをエスプレッソでも実践するべきではないか。



僕の個人的な考えですが、
エスプレッソはまだまだ一般的にあまり飲まれていないと思っています。

その大きな要因としましては、
・エスプレッソ=苦いまたは濃い
・エスプレッソ=少量

この感覚がエスプレッソの一般的な認識ではないでしょうか。


エスプレッソ=苦いまたは濃いは、
ボディから感じられる部分が大きいと思います。


これをエスプレッソ=甘いまたは風味が豊か
という認識に変えることができれば、
エスプレッソは今以上に美味しいと思って頂けるのではないか。


こういう結論に達しました。


しかし、抽出を変えるということは本当に難しいですし、
このようなエスプレッソはできるのかという不安もありました。

そして色々検証したり、研究していくうちに、
発見することができました。


やはり、このようなエスプレッソは存在するのです。



重くない、苦くない、

風味が豊かで、甘く、
心地良いアフターテストがいつまでも持続するエスプレッソ。


ボディは強くありませんが、
風味がしっかり抽出されていれば、
ミルクに負けることもありません。

カフェラテも美味しく出来上がります。


そして、少量でも満足して頂けると思います。
飲み終わっってからでも、
アフターテイストがまだ口の中にはっきり残ってると、
感じて頂けると思います。

本当にちょっと飲むだけで、
十分なのです。


ぜひCoffee & Babyのエスプレッソを、
飲んでみてください。
スポンサーサイト
[2010/05/13 22:38 ] | Coffee | コメント(0) | トラックバック(0)
<<緊急告知!! | ホーム | ランチ&ベビーサイン受付終了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。