スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
エスプレッソ
今日からエスプレッソの豆が変わりました。

と言っても、以前と同じコスタリカの豆ですが、
農園が変わりました。

農園が違うだけでも、
全く違った味になります。



今日はちょっとエスプレッソについて、
僕の思いを綴ってみようと思います。

エスプレッソはコーヒー豆が持っている特徴を、
明確に表現できる抽出方法だと思います。

香り、風味、酸味、甘み、ボディなど、
それぞれの特徴がはっきりと感じられます。

コーヒーを飲むのであれば、
僕はエスプレッソかカフェラテが大好きです。


またバリスタによって、
それぞれの豆の捉え方が異なると、
豆に対するアプローチが変わってくるので、
同じ豆でも同じエスプレッソにはなりません。

例えば、メッシュやタンピングの強さ、お湯の温度などなど、
抽出時の要素のどれか一つが異なれば、
出来上がったエスプレッソは違う味になります。

エスプレッソは非常に繊細な飲み物なのです。



そのためエスプレッソはお店の個性、バリスタの個性が強く感じられると思います。


僕自身、いろいろなカフェに行ってエスプレッソを飲みますが、
その時にエスプレッソから感じるものを大切にしています。

それが個性的であればあるほど、
そのバリスタの印象が強く残ります。



コーヒーは本当に奥が深く、
おもしろいものです。



僕も1杯のエスプレッソで、
お客様の心に強く印象が残るバリスタを目指します。
スポンサーサイト
[2010/03/17 23:31 ] | Coffee | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。